共謀罪(テロ等準備罪)」カテゴリーアーカイブ

安倍政権に対する評価~新潟日報のインタビューを受けて考えたこと

取材依頼 新潟日報の記者さんから、お電話で取材依頼がありました。 「7年8ヶ月に及ぶ安倍政権についてどのように評価しているか、地域で憲法カフェをしたり、ブログ等で情報発信をしている弁護士の立場から率直な意見を聞かせて欲し […]

現政権下の諸問題を統治機構の構造から考える

はじめに 現政権の様々な問題 現政権は、世論の反対を押し切って、憲法に違反・抵触する施策を繰り返し行っています(特定秘密保護法、安保法制、「共謀罪」法の制定等)。また、法律に違反して権力を私的に濫用している疑いも濃厚です […]

民主主義と立憲主義(後編)

前編の続きです。 第5 現政権下で噴出する諸問題 それでは、冒頭で触れたような諸問題は、これらの基本原理との関係でどのように位置づけられるであろうか。 1 秘密保護法、安保法制、「共謀罪」法など   秘密保護法、安保法制 […]

民主主義と立憲主義(前編)

税経新人会という、税理士さんの団体の機関誌『税経新報』に寄稿しました。 以前、共謀罪に関する論文を寄稿した雑誌です。 書く過程で、民主主義や立憲主義、公文書の改ざんや隠蔽など、いま起こっている様々な問題についての理解が深 […]

雑誌『税経新報』に掲載(「共謀罪の本質的問題点」)

雑誌『税経新報』  縁あって依頼があり、私の書いた拙文が、『税経新報』の2017年9月号(No.658)に掲載されることになりました。『税経新報』というのは、税経新人会全国協議会という税理士さんの団体が発行している雑誌で […]