キャリア教育のオンライン授業@新潟県立高田高校


母校にお邪魔して

5月18日(月)、高田高校の1年生向けにキャリア教育のオンライン授業をしてきました。

画像は株式会社平林塗装さんのウェブサイトからお借りしました

高田高校では、例年、高校のOB・OGが、高校生活についてのアドバイスやキャリア形成をテーマに講演する「未来展望セミナー」を実施していたようですが、新型コロナウイルスの影響で実施できなくなったため、それに代わるものとして企画されたとのこと。

私は高田高校で先生をしている高校時代の同級生から声をかけてもらったのですが、最終的に8人のOB・OGが講師をすることになったようです。1年生は、8つの授業から2つ以上を選んでオンライン授業を視聴する形です。

打ち合わせなし!

授業といっても、私が一方的に話すのではなく、先生(高校時代の友人)から話を振られてそれに応える座談会のような形式。

事前に、以下のような大まかな流れを聞いていて、それぞれについてどんなことを話そうか、ある程度の準備をしていたのですが、細かい打ち合わせのようなことは何もなく、そのまま本番に突入しました笑。

  • 高校時代について
  • 大学・学部・学科の選択、受験勉強、大学時代のこと
  • 社会人となってから今までについて
  • 後輩へのメッセージ

ラジオ番組みたい

オンラインでの会議は経験があるものの、オンラインでの授業は初めて。しかも細かい打ち合わせはなし。ということで、どんな感じになるのか不安もありましたが、先生(高校時代の友人)が卒なく進行してくれたので、楽しくやりとりすることができました。

序盤は高校時代の思い出話に花が咲きかけましたが、後のことを考えてかなりセーブ。生徒さんからチャットで質問が書き込まれるので適宜それに答えながら、大学時代のことや、弁護士になって以降のことをたっぷりめに話しました。事前に準備していたのとは全く違った内容になりましたが、それはそれでよかったのではないかと思います。

予定していた時間をやや超過して終了。取材に来ていた記者の方が、「先生よくいろんな学校で授業してらっしゃいますけど、いつもの授業より楽しそうでしたね。」「ラジオ番組みたいで面白かったです。」と言ってくれました。ほんとにその通りで、旧友と楽しく話していたらあっという間に終わってしまったという感じでした。いや、いつもの授業も楽しくやってるんですけれどもね笑。

報道

2020年5月20日付「上越タイムス」に記事が掲載されました。カラー写真入りで大きく報じてくれています。ありがとうございます。

この記事にも書かれていますが、オンラインで双方向のやりとりをしながら進めるスタイルには、やりやすさを感じました。事前にあれこれ想像しながら話す内容を準備していっても、生徒さんたちが実際に聞きたいこととはどうしてもズレがでてしまいます。質問を出してもらえると求められていることがわかるので、その場で問題意識にかみ合った話に切り替えることができます。通常の授業だと話の途中では質問しづらいですが、チャットであれば、書く方はタイミングや話の流れをあまり気にせずに書き込めますし、話す方も流れを寸断させずにうまく話をつなげていくことができます。もちろん対面形式ならではのよさもあるので、それぞれの長所・短所を把握して、使い分けることが大切なのではないかと思いました。

生徒さん達の感想をまとめて送ってくれるそうなので、楽しみに待ちたいと思います。