敵基地攻撃」カテゴリーアーカイブ

「攻められたらどうするのか」という素朴な疑問について考えるうえで踏まえておくべき基本的な事柄(後編)

前編に続く、後編です。 第3 国際法秩序に依拠した平和構築の道 攻められないようにするためのもう1つのアプローチは、国際法秩序に依拠した積極的な平和構築の道です。 1 国際法秩序の維持・強化 (1)戦後の国際法秩序 2度 […]

「攻められたらどうするのか」という素朴な疑問について考えるうえで踏まえておくべき基本的な事柄(前編)

ロシアのウクライナ侵攻を受けて、日本国内でも不安が高まっています。「憲法9条で日本が守れるのか」「攻められたらどうするんだ」「日本も核兵器を持つべきじゃないか」「防衛費を大幅に増額すべきだ」等の声が聞かれます。こうした点 […]

憲法カフェ@柏崎(ウクライナ侵攻、敵基地攻撃)

柏崎では4年半ぶり 4月10日、柏崎市で憲法カフェをしてきました。 2月に上越の憲法カフェを主催してくれた方が、「すごくよかったよ!」と伝えて下さったことで、今回の開催につながったとのこと。口コミで広がるというのは、ほん […]

憲法カフェ@上越(敵基地攻撃)

「敵基地攻撃」について 2月23日、地元上越市で憲法カフェの講師をしてきました。 主催してくれたのは、新日本婦人の会上越支部のみなさま。 以前、2019年11月にもお招きいただいたことがあります。 オファーの内容は、「憲 […]

【あすわか解説】敵基地攻撃能力について

あすわか(明日の自由を守る若手弁護士の会)が、「敵基地攻撃能力」の問題について、イラストつきで解説をつくり、ブログやTwitterで発信しています。 柳澤協二さん(元内閣官房副長官補、安全保障危機管理担当)の監修で、「敵 […]