核兵器」カテゴリーアーカイブ

「攻められたらどうするのか」という素朴な疑問について考えるうえで踏まえておくべき基本的な事柄(後編)

前編に続く、後編です。 第3 国際法秩序に依拠した平和構築の道 攻められないようにするためのもう1つのアプローチは、国際法秩序に依拠した積極的な平和構築の道です。 1 国際法秩序の維持・強化 (1)戦後の国際法秩序 2度 […]

つれづれ語り(「終わりの始まり」に)

『上越よみうり』に連載中のコラム、「田中弁護士のつれづれ語り」。 2020年11月11日付に経緯された第96回は、「『終わりの始まり』に」です。 核兵器禁止条約の発効に関わる諸々のことや、今後の展望などについて書きました […]

つれづれ語り(希望をつなぐ)

『上越よみうり』に連載中のコラム、「田中弁護士のつれづれ語り」。 2020年8月19日付に掲載された第90回は、「希望をつなぐ」です。 今年は戦後75年の節目の年。核兵器を巡る世界の状況について、私が印象深く感じた言葉を […]

つれづれ語り(思いをつなげて)

『上越よみうり』に連載中のコラム、「田中弁護士のつれづれ語り」。 2019年12月11日付に掲載された第73回は、「思いをつなげて」です。 ローマ教皇が被爆地でのスピーチを最終決断するきっかけとなったとされる写真や、その […]

つれづれ語り(核のリスクを直視して)

『上越よみうり』に連載中のコラム、「田中弁護士のつれづれ語り」。 2019年8月7日付に掲載された第65回目は、「核のリスクを直視して」です。ここでいう「核のリスク」は、原発ではなく核戦争のリスクです。核兵器・核戦争など […]