AIのリスクと個人の尊重~新しい憲法論


新潟県弁護士会の企画をお知らせします。

今回は、近未来の社会の在り方に関わるテーマということで、ぜひ学生のみなさんにもご参加いただきたいと思い、新潟大学と共催で、会場もキャンパス内の施設をお借りして、開催することにしました。

20190906104217-0001

お話して下さるのは、慶應義塾大学大学院教授の山本龍彦さん。
『AIと憲法』『おそろしいビッグデータ』など数多くの著書があり、メディアを通して、あるいは講演を通じて、新しい時代の憲法論を発信していらっしゃいます。

AIが社会の中で様々な役割を果たしていくことは確実ですが、それに伴うリスクについて備えはできているでしょうか。一人一人の幸せを追求する憲法の理念と調和的なAI社会を実現するにはどうすればよいのか。講演を聞いて一緒に考えたいと思います。

【日 時】11月9日(土)14時~16時
【場 所】新潟大学中央図書館 ライブラリーホール(新潟大学五十嵐キャンパス内)
あああああ*駐車場はご利用いただけませんので、お越しの際は公共交通機関をご利用下さい。
【講 師】山本龍彦氏(慶應義塾大学大学院 法務研究科 教授)
【その他】入場無料、予約不要