長岡花火大会


 

離婚、相続、交通事故、借金など何でも相談できる上越の法律事務所。弁護士田中淳哉。  長岡花火3

長岡の花火大会に行ってきました(写真はインターネットにアップされているものを使用しています)。
有名な花火大会なので、見に行ったことのある方もたくさんいらっしゃるかと思います。
私も幼い頃1度だけ見に行ったことがあり、今回は久しぶりの参加でした。

「全国有数の」という表現にふさわしい、素晴らしい花火大会でした。「復興祈願花火フェニックス」では、
視界に収まりきらないほど広範囲にわたって、多彩な色と種類の花火が打ち上げられました。
「花火」というよりは芸術作品という感じで、花火を組み合わせることでここまで表現できるのかと、感
動しました。

今回はじめて知ったのですが、もともと長岡まつり(前身の長岡復興祭)は、
昭和20年8月1日の長岡大空襲で亡くなられた方々への慰霊のためにはじまったのだそうです。
長岡大空襲では、 旧市街地の8割が焼け野原となり、1484名もの尊い命が失われたということです。
長岡まつり協議会のホームページでは、「空襲で亡くなられた方々への慰霊の念や、
長岡再興に尽力した先人への感謝、また恒久平和への願い」を伝え続けていく
という決意がつづられています。

数十万人規模の参加がありながら、行き届いた心配りのもと整然と進行されていて驚きましたが、
その背景には協議会事務局のみなさんのこうした思いがあるのですね。